とりあえず。。。
日々のあれこれ。つぶやき。想いを徒然に。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
『おわりの雪』
おわりの雪おわりの雪
(2004/12/10)
ユベール・マンガレリ

商品詳細を見る


確か夏になる前に読み始めた本。ようやく読み終えた。
ストーリーに起伏のない小説は どうも暑い季節には不向き。。。
冬の長い夜に読むのが向いてるのかも。

しかしながら。つまらなかったというわけではなく 静かで淡々とした文章は美しく
父と子の情愛 生と死 少年が大人になっていく過程の心の道程が筆者の巧みな
情景描写できめ細かに描かれている。

少年の無垢で純粋さ。残酷さ。何故だかわからない大人への不信・嫌悪。
空想と現実の交錯。
少年の胸のうちの葛藤が 父との関わり 母との関わり 他の大人との関わり
そして鳶との関わりを通して瑞々しくそして切なく描かれていく。

「ぼく」の回想録のように展開していく物語。
この少年はどんな大人になったのだろう。
そして 大人になった今 どんな想いであの頃の「ぼく」を見つめているのだろう。
心が大人になるときは 人それぞれ。
それぞれに違うある経験をきっかけに 大人になってしまうのかもしれない。

私のきっかけとなった経験ってなんだろう?
特に思い浮かばない。。。。
まだ大人になれていないのかしら(笑)
案外 本人は気づかない(もしくは封印している記憶)なのかもしれません。
スポンサーサイト
[2008/08/20 18:14] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<女は強し | ホーム | 酷暑のキモノ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://paintitpink.blog68.fc2.com/tb.php/632-fb76d9c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

paintitpink

Author:paintitpink
チョコレートとワインと音楽。
私の人生の三種の神器

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。