とりあえず。。。
日々のあれこれ。つぶやき。想いを徒然に。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
大江戸職人まつり
070618_1714~0001.jpg


確か・・そんなような表題の(笑)催しが地元矢尾百貨店の催事場でありました。
江戸の職人さんが実演販売するということで 先日ちらっとひやかしに。
特に『柏ビーズ』さんのビーズ刺繍はお見事。
手を休めることなく時事ネタから地元ネタから 話もとっても楽しく。
最近では中国産やベトナム産に押され気味ですが やはり匠の技は
簡単に模倣できるものではないです。お値段もそれなりだけど 納得の品々でした。

それから 日本橋浜町の染元『高虎』さん。
こちらの職人さんもとにかく話がおもしろい。そして物知り!
合切袋や掛け守など 手の届くお値段の小物がたくさん。
そのデザインがひとつひとつユーモアセンスに富んだ素敵なものばかり。
例えば たんぼの「田」の字に「駒」の絵。
これで「困った」
大きな「羊」のデザインを見せられ「これあなた」。。。
「美人」って意味ですって!(笑)「羊+大(きい)」でね。
全部がそういう洒落絵なんですよね。端から説明してもらいました。

で。私が買ったのは反転した「馬」の字の駒。
これは「左馬」といって 縁起のいいものなんですって。
私は午年の左利きなので。
裏側には桜の絵。馬肉=桜肉 で。
それと豆絞りの手ぬぐいを買いました。
これは手染めなんだけど ホントの「絞り」ではないのだそう。
こちら525円。ホンモノは1650円でした。

柏ビーズさんも高虎さんも 後継者がいらっしゃるようですが
こういった伝統技術を伝承していくためには 売れなくてはダメなのです。
伝統を繋ぐのも廃れさすのも 実は消費者の手に委ねられてるのですよね。
コピーではない本物。使い捨てできない物には やはりそれなりに愛情を
注げるのではないかしら。
愛情かけた物は 大切に大事に使えるし 長く使おうと思うし。。
痛んだものや壊れたものを修理することで 職人もまた学んでいける。
そうやって 伝統って受け継がれ繋がっていくんじゃないのかな。

**********************************************************

今日は所用で会社をお休みした夫君と インド人の作る本格インド料理の店へ
カレーランチを食べに行きました。
2種のカレーにサラダ&特大ナン&ドリンクで800円。
ナンはホントに特大!しかもおかわりできる!(笑)
お腹いっぱい~~。満足でした。



070619_1212~0001.jpg

スポンサーサイト
[2007/06/19 21:04] | お気に入り | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<今日 | ホーム | 挑戦!>>
コメント
いいお買い物しましたね!かっこいいです!
日本ではブランドって変な意味で使われていますけど、ブランド=伝統なんですよね。

手間隙かかるものはどうしても値段も高くなる。けれどそれだけのお金を払っても価値がある物にはきちんと代価を払わなければいけないんですよね。
100円の物をたくさん買うより1万円の物を長く大事に使う・・・中々難しいですがそうありたいものです。
[2007/06/21 20:10] URL | kemi #CsSEEDXg [ 編集 ]
そうなんですよね。今の世の中『適正価格』というものが 見えなくなってる気がします。
この商品にはどれだけの材料を使って どれだけの手間と技がかえられているのか。
「価値」はそのものを「知る」ということなんだと思います。
使い捨ての時代はもう終わりにしたいですね。
[2007/06/21 22:14] URL | あざみ #KNJF9OGc [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://paintitpink.blog68.fc2.com/tb.php/354-ab271132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

paintitpink

Author:paintitpink
チョコレートとワインと音楽。
私の人生の三種の神器

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。