とりあえず。。。
日々のあれこれ。つぶやき。想いを徒然に。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
エレファントカシマシZEPP TOUR2010/ZeppTokyo
始まりました。エレカシのZeppツアー。20日、21日と二日間行って参りました。
チケット取った時点では体調いまいちで二日間は無理かも~。と思っていたのですが
やっぱり行って良かった。行けて良かった。至極の二日間でした。
今回はライブハウスとしてはかなり早めの開演時間だったため おばさんにも優しい(笑)
でも内容はかなりハードで充実の2時間ライブ。(もうちょっと長くてもいいと思うが;)
お天気も良く暖かく いつも一緒に行ってくれるいづらさんの体調も良く
行きかえりの道中も楽しく充実のライブとなりました。
一日目終了後は久しぶりに実家にお泊り。両親の元気な姿も見られて良かったです。

ライブの内容は・・・セットリストはすでに他のエレカシファンの方のサイトで
早々にアップされてますので そちらをご参照くださいませ。
以下 MCなど含め私の個人的感想など。
興味のある方のみどうぞ。

一日目。

整理番号Aの700番台。とにかく後ろでいいからバーを死守したい。
2時半頃現地到着でまずはグッズ販売の列に並ぶ。まだ20名程度。
すぐにいづらさん到着で合流。
今回私は黒のパーカーとパスケースを購入。
101121_0859~01
普段 電車に乗らない私はこの日がPASMOデビュー(笑)さっそくパスケース使いました♪
パーカーは朝暖かだったので薄着できたので 帰り寒くなったときに着るように。
あくまで実益主義。

グッズ購入のあとは腹ごしらえ。ヴィーナスフォートはすごい人。
ガッツリ食べてビールを飲んでいざ。
ありがたいことに一番後ろの一段上がったところのバーはまだガラ空き。
左側のステージ全体を見られる好ポジションをゲット!
ステージからは遠くて表情までは見えないけど バンド全体が見られてとても良かったです。
しかし。入ってから始まるまでが長い;
折りたたみ椅子でも持っていって座って待ちたいおばさん二人組みなのでした。

オープニングは何だろう?といろいろ予想したのですが 見事はずれて
『脱コミュニケーション』これはライブでやったらかっこいいだろうなーと思っていた通り!
重低音で刻むリズムにいやでも気持ち昂ぶります!
でも まだちょっと「こなれて」いないというか 少しバンドとしてバラバラな感もあり。
ライブで回数こなすうちにぐっと固まってくるんだろうなー。

と、ここでキーボードが無いことに気づく。
サポートメンバーの蔦谷さんがいない。うーーん。スケジュールの都合なのだろうか。
それとも今回のツアーはこの編成で行くのか。(たぶんそうなのだろう)

メロディラインのキーボードが無いために 音程がふらつく演奏もしばしば。
そのぶん荒っぽいというか 男っぽいロック色は強くなった気もします。

2曲目の「新しい季節へキミと」
大好きです。さわやかで躍動感あって。ライブの前半にこれをやってくれるとホント嬉しい。
「もう夜か。はえーな。もうzeppの日か。」
というようなことを仰ってました。
ホントに早い。

メンバー紹介でトミを「本番になると地味です。ねずみ色とか。」とTシャツの色を
言ってました。本番前は何色着てるんでしょうかねー。

『はじまりはいつも』初聴きでした。
「はじまりはいつだってここからだって気持ちで、今も」みたいなこと仰ってました。

『goodmorning』ではトミと照明がすごかった。倒れそうなので目を伏せてました;
「免許取りたてのころ 毎日すごいスピードで高速飛ばして・・・高速道路ってそういうもんだと思ってたんで。」
この曲のときではなかったと思うけど トミのスティック折れる瞬間を見ました。
すぐに折れたスティック放って替えのスティックを持ち何事も無かったように
演奏にもまったく影響なし。プロだ~~。と感心。

『彼女は買い物の帰り道』これもライブでは初聴き。
CDで初めて聴いたときにはホント泣いてしまった。珠玉の名曲。
イントロ部分だったか ちょっともたついた感じがあったのが残念。でも良かった。

『幸せよ この指にとまれ』
「アルバムに入ったらキラキラしちゃって すごい大好きになっちゃったんですよねー。」
みたいなことを。
私もこれはライブが先行だったのですが アルバムで聴いてさらに良い曲だって再認識しました。
この日の演奏も良くて 噛めば噛むほど・・の曲なんだと思います。
もうひとつアルバムに入って再認識の曲(私的に)が『いつか見た夢を』
夏に新曲といってやってたときは『歩く男』のほうがいいかな~と思ってたのですが
アルバムで聴いて「これイイ!」とすごく思いました。(遅いか;)

「アルバム出ました。悪魔の囁き・・・最初レコード会社の人に『悪魔ってなんだ!』って
反対されちゃったんですけど 討論重ねて・・・。」みたいなことを。

『歩く男』イントロがアレンジされててかっこいい。やっぱりライブで盛り上がる曲。

『星の砂』「星のすな~」のところ 会場はノリノリで手をひらひらでしたが
宮本さんは歌わず客席を睨みつけたり何かあおるようなことを叫んだり。
ちょっと鬼気迫る感じ。

『いつか見た夢を』のあとに『さよならパーティ』文句なく大好きな曲。
ここでくるとは・・・・思わず涙。

どの曲だったか・・・
成ちゃんを前に引っ張って「もっといけ!ノリノリでいけ!」
すっごいカッコ良かったです。

アンコール白シャツで登場。
『習わぬ経を読む男』初聴き。かっこいい。しかし宮本さんもうヘロヘロな感じ。
それもまたセクシーなんですが。
スタッフの人となにやら押し問答。宮本さんの要求したギターと違うのを持ってきたのか?
メンバーともなんか打ち合わせして
「失礼しました」といいながら『寒き夜』
しかし宮本さんコードが見つからず?何度もキーを間違え「あれ?違うな・・」
何度かやり直したけど演奏は・・・・。
声がすごく(信じられないくらい」よく出ていただけに残念!
歌い終わって「すみません。練習してなくって・・・プロにあるまじき行為。」
「ごめんなさい。」と小さく手を合わせてました。そんな姿にまたキュン。

『今宵の月のように』歌いだしからなんとなく鼻声。途中から音程はずし声も切れ切れ。
横を向いて顔を覆うようなしぎさ。
もしかして宮本さん泣いてる?!
切なくなるような『今宵・・』でした。

この日の宮本さん 登場は白シャツに黒ジャケット。
ジャケットは2曲目くらいにすぐ脱いだと思います。今日もまた最後はシャツビリビリ。
最初の「エレファントカシマシです」のとき「エレファント」のアクセントを
レファント」と2回くらい繰り返し言ってました。

「男たちよ。女の人も!ウーマン!ウィメン!」とも言ってたなー。
二日目への期待膨らむ一日目終了となりました。


二日目。
黒ジャケ白シャツ。トミはエンジ色のTシャツでした。
メンバー紹介で成ちゃんを「鼻につくヤツ。」と。すぐに「失礼なこと言いました。ダンディ。」
と言ってましたが出前に何かあったんでしょうか(笑)
今日もオープニングは『脱コミュニケーション』今日は最初からビシっと決まってて良かった!
セトリはほとんど同じだったけど 前半で『あの風のように』磨きがかかった感。すばらしかった。

『goodmorninng』での100キロ・・・200キロ・・・300キロ
「もっといけー!どんどんいけー!」とトミを煽りまくり。すごい。
曲終わりで「ドライブにつきあってくれてありがとう」と仰ってました。

この日の『星の砂』宮本さんもノリノリ。歌いながらステージ左側にはけたと思ったら
全速力で右端までだーーーーっと駆け抜けた!すごい!こんな44歳見たことない!

『幸せよ この指にとまれ』では昨日と同じように「キラキラして大好きになった」と。
そのあと演奏に入る前 石くんが変な音を出し
「おまえなーー。」「いい味出してるよ。おっさん。」と(笑)

あ、そういえば『俺の道』だったかな?を歌い終わったあと「エッサ、ホイッサ」とポツリ。
なんだったんでしょう・・・。

『花男』嬉しいーー!大好きです。この曲。盛り上がる。

アンコールでは黒シャツで登場。
そして昨日のリベンジ!と『寒き夜』途中危うい箇所もありましたが そんなことはどーでもいい!
涙出るほど良かったです。(練習したんだろうな・・・)

やはり二日目。初日の緊張感から開放されたのか 全体的にびしっと決まって良かったです。
ドラム、ベースのリズム隊が相当にうまいんだろうなーと思います。
宮本さんの煽りで曲途中からガンガンテンポアップしても乱れずついていくんだもん。
すごいです。
石くんはずーーーっとがに股の低い姿勢。最初石くんの頭があまりに下にあるので
座り込んでるのかと思ったほど。これもまたすごい。

今回 宮本さんが「すごくギターを弾いてる」と思いました。
今まであまり宮本さんのギターに目がいかなかったからなのかもしれないけど・・・。
技術的なことはわからないけど 弾いてる姿はセクシーで超かっこいい♪
宮本さんの弾き語りであとからバンドが入るってカタチも多かったと思います。
キーボードが無いせいなのかな。

それと 二日目のほうが男性ファンが多かったような気がします。
「ウォー!」という雄たけび上がってました。『so many・・』のときだったかな。

このあとツアーが進むにつれ またどんどん進化していくんでしょうね。
これから行かれる方がうらやましいです。
どうぞ楽しんできてください!

私は次回は新春武道館!楽しみです!
スポンサーサイト
[2010/11/22 10:55] | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<おしゃれオフ | ホーム | 二日目終演>>
コメント
昨年ちょっとコメントやりとりさせて頂いた、nobuです。
2日間行かれたのですね!
私も初日行って来ました!素晴らしかったですね。
何かいっぱい感じるものがあって、色々かきたいんだけど、何しろエレカシファン初級者なので、曲名がわからないのもあるし、うまく表現できず、しかし、同じように感じた人も多いんじゃないかな~とちょっとネット検索してたら、こちらのブログがヒットしてきました^^
そうそう、今回つたやさんがいなくて、ギター3本でのあの演奏。
そうか、熟練のファンの方からみると、危なっかしい感じもあったのですね。
私は逆に、今回、キーボードがないことで、1人1人の音、技術の高さをあらためて感じ、それらが織り成すエレカシサウンドの完成度の高さに圧倒されていました。
宮本さん、歌はもちろんのこと、あのギター演奏、すごかったです。
つたやさんがいる時は、ボーカリストらしく少し気まぐれにひいている感じもありましたが(あ、それはそれでいいんですが)、今回、宮本さんは完全にギタリストの一人でしたね。
エレカシの曲は、すごく難しくて高い技術を要すると思います。
石クンとの掛け合いなんか、ほんとにすごかった。
いつも完璧を目指す宮本さんだし、相当練習したんだろうなあって思いましたよ。
なんだか能書きが長くなりました^^;;
あの、”今宵の・・”で突然乱れた時、私もギョっ!としました。
詰まる、というか、私の場所からは表情まではよく見えなかったのですが、あれは号泣に近かったですよね。
あのような、ステージで感極まった宮本さんを見るのは初めてで、何があったのだろう!?とビックリしたのですが・・。
思いがあふれてきたのでしょうかね。
またさらにエレカシにはまりました^^
宮本さん、熱くて、カッコよくて、そして可愛かった^^

長くなってすみません~。お邪魔しました。
また色々教えてください!

あ、私も武道館行きます!


[2010/11/22 11:52] URL | nobu #- [ 編集 ]
ようこそいらっしゃいました~(^_^)
はい。老体にムチ打って(笑)2日間スタンディング行ってきました。
いやいや、私もエレカシに関しては新参者なのですよー。
なのでまだまだわからないことだらけ。だからもっと知りたい。

昨年の5月のzeppライブのとき ちょうど悲しみのどん底で聴いたエレカシのライブ。
すごーーくすごーーく励まされて感動して
それでどこからかnobuさんのブログへ飛んだら
同じような感想を書かれていて 同じ想いの人がいたんだなーって
すごく嬉しかったのを覚えてます。

そうそう。宮本さんのギター凄かったですよね!
今回は宮本さんのギターにホント釘付けでした。
「今宵・・」はやっぱり号泣だったみたいですね。
一瞬一瞬ホント精一杯生きてる人なんだなーって思います。

武道館 行かれるんですね♪
楽しみましょうね~。
nobuさんにはぜひお会いしてみたいです!時間があればぜひ。
そういえば 先月の高田馬場ではニアミスしてたかもしれませんね(^_^)
[2010/11/22 23:54] URL | あざみ #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://paintitpink.blog68.fc2.com/tb.php/1276-6bc04110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

paintitpink

Author:paintitpink
チョコレートとワインと音楽。
私の人生の三種の神器

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。